コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラルミーノ ベラルミーノ Bellarmino, Roberto Francesco Romulo

2件 の用語解説(ベラルミーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラルミーノ
ベラルミーノ
Bellarmino, Roberto Francesco Romulo

[生]1542.10.4. トスカナ,モンテプルチアーノ
[没]1621.9.17. ローマ
イタリア枢機卿,神学者。聖人。教会博士。 1560年イエズス会に入会。主著『異端反駁論』 Disputationes de controversiis Christianae fidei adversus hujus temporis haereticos (3巻,1586~93) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベラルミーノ
べらるみーの
Roberto Francesco Romulo Bellarmino
(1542―1621)

イタリアのカトリック神学者。貴族の子として生まれ、1560年イエズス会に入る。ローマ大学卒業後、70年に司祭となり、76年から88年までローマ学院の教授を務め、主著『キリスト教信仰をめぐる論争についての考察』3巻(1586~93)では、ローマ教会の立場を弁護し、プロテスタントの見解を論駁(ろんばく)した。92年ローマ大学学長、99年枢機卿(すうききょう/すうきけい)となる。ガリレイ事件では理解を示し、イギリス国王ジェームズ1世暗殺を謀る1605年の火薬陰謀事件以降のイギリスにおけるカトリック教徒迫害政策を非難。10年の『教皇職の権威について』のなかでは、教皇権の至上性を主張しているが、教皇権は俗事に対しては間接的にのみ権威を有すると述べている点で、後の聖俗分離論に道を開いた思想家ともいえる。[田中 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベラルミーノの関連キーワードトスカナ派トスカナ方言ガスカナキンタイトスカートすかな・しタスカン帽トスカナ語トスカナ式レオポルド[1世](トスカナ大公)レオポルド[2世](トスカナ大公)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone