コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルガンサ Teresa Berganza

2件 の用語解説(ベルガンサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベルガンサ【Teresa Berganza】

1935‐
スペインのメゾ・ソプラノ歌手。マドリード音楽院で学び,1957年エクサン・プロバンス音楽祭でモーツァルトの《コシ・ファン・トゥッテ》のドラベラ役を歌ってデビュー。その後とくにモーツァルト,ロッシーニの歌劇に称賛を博し,一方ではお国ぶりのスペイン歌曲にも高い評価を受けた。ほかにドイツリートイタリア歌曲など幅広いレパートリーをもち,今日まで世界屈指のメゾ・ソプラノとしての地歩を保っている。75年初来日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルガンサ
べるがんさ
Teresa Berganza
(1935― )

スペインのメゾ・ソプラノ歌手。生地のマドリード音楽院で、エリーザベト・シューマンの弟子ローラ・ロドリゲス・デ・アラゴンLola Rodriguez de Aragon(1910―84)に師事するなど多面的な音楽の勉強ののち、1954年から演奏活動を開始。57年南フランスエクサン・プロバンス音楽祭でオペラに初登場。美しい容姿と、明澄でつややかな声、細やかな表現により一躍有名になる。以後、世界の主要歌劇場でモーツァルト、ロッシーニを中心に歌い、77年にはビゼーの『カルメン』もレパートリーに加えた。その一方、スペイン歌曲を中心としたリサイタルも、その芸術的完成度の高さでたたえられている。1992年バルセロナオリンピックの開会式でほかのスペイン出身歌手とともに登場、式典に花を添えた。1975年(昭和50)初来日。[美山良夫]
『ピエール・マリア・パオレッティ著、南条年章訳『スカラ座の人』(1988・音楽之友社) ▽ヘレナ・マテオプーロス著、岡田好恵訳『ブラヴォー/ディーヴァ――オペラ歌手20人が語るその芸術と人生』(2000・アルファベータ)』
「『偉大なる名歌手たちシリーズ テレサ・ベルガンサ』(2002・ユニバーサルミュージック) ▽アバド指揮、ミラノ・スカラ座管弦楽団演奏『ロッシーニ:歌劇「セビリャの理髪師」』DVD版(2002・ユニバーサルミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルガンサの関連キーワードソプラノソプラノ記号ボーイソプラノメゾソプラノメッツォソプラノコロラトゥーラソプラノソプラニスタ組曲「スペイン」スペインの歌スペイン岬の謎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone