ベルトラン法(読み)ベルトランほう(英語表記)Bertrand method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルトラン法
ベルトランほう
Bertrand method

還元糖の定量法。 G.ベルトランによって考案された。食品などの糖の定量に広く用いられる。原理はフェーリング液を糖で還元して得られる酸化第一沈殿硫酸鉄 (III) 酸性溶液に溶解し,そのとき生じる鉄 (II) を過マンガン酸カリウムなどにより滴定して定量する。酸化第一銅を直接ヨウ素滴定する変法も利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android