コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルトラン法 ベルトランほうBertrand method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルトラン法
ベルトランほう
Bertrand method

還元糖の定量法。 G.ベルトランによって考案された。食品などの糖の定量に広く用いられる。原理はフェーリング液を糖で還元して得られる酸化第一沈殿硫酸鉄 (III) 酸性溶液に溶解し,そのとき生じる鉄 (II) を過マンガン酸カリウムなどにより滴定して定量する。酸化第一銅を直接ヨウ素滴定する変法も利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ベルトラン法

 還元糖の定量法の一つ.糖が銅を還元する反応を利用して還元された銅を定量する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ベルトラン法の関連キーワードベルトラン(Gabriel Emile Bertrand)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android