ベルナ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルナ
べるな
Paul Berna
(1908―1994)

フランスの児童文学作家。優れた性格のドラマとしてのSF『星の世界の門』(1954)と続編『空の大陸』(1955)で登場し、都会の子供群像を波瀾(はらん)に富む事件の連続のなかで描いた『首なし馬』(1955)で好評を博し、続編『町のアコーディオンひき』(1956)、『オルリー空港22時30分』(1961)、『ベレニス号の漂流』(1969)ほか多数の作品がある。第二次世界大戦後のもっとも優れた物語作家の一人。国際アンデルセン賞、フランス児童文学大賞受賞。[神宮輝夫]
『上野瞭訳『オルリー空港22時30分』(1982・学習研究社) ▽榊原晃三訳『尾行された少年たち』(1984・学習研究社) ▽花輪莞爾訳『首なし馬』(偕成社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルナの関連情報