ベルリンテレビ塔(読み)ベルリンテレビとう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルリンテレビとう【ベルリンテレビ塔】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)ミッテ区のアレクサンダー広場(Alexanderplatz)にある、ベルリンのランドマーク現在高さ368mで、ベルリンで最も高い構造物である。地上203mに展望台があり、2本のエレベーターが通じている。◇このテレビ塔は旧東ドイツ(ドイツ民主共和国)によって1965~1969年にかけて建設されたもので、完成時の高さは365mだったが、1990年代に新しいアンテナの設置で3mほど高さを更新した。展望台にはテレカフェというレストランがある。ここからベルリンの町を一望できる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android