コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリン市庁舎 ベルリンしちょうしゃ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルリンしちょうしゃ【ベルリン市庁舎】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の中心部にある、高さ74mの中央の塔(鐘楼(しょうろう))を中央に、左右対称の赤いレンガと花崗岩(かこうがん)、砂岩でできた建物。鐘楼には、1950年にアメリカの市民から平和のシンボルとして贈られた自由の鐘(Liberty Bell)の複製があり、毎日正午に鐘を鳴らす。1861~1869年にかけて建設されたものだが、市庁舎建設にあたって国際コンペが実施され、ヴェーゼマン(Hermann Friedrich Waesemann)の設計案が採用された。◇その赤いレンガの外観から「赤の市庁舎」(Rotes Rathaus、ロテスラタス)と呼ばれる。戦後の東ドイツ時代には東ベルリン市庁舎だったが、東西統一後、ベルリン市庁舎となった。この場所には14世紀から市庁舎が建っていたが、火災により3度焼失し、現在の市庁舎はこの場所のものとしては5代目である。市庁舎前広場のネプチューンの噴水は、かつてのベルリン王宮前にあったものが移設されたものである。この広場では毎年12月に、にぎやかなクリスマス市が立つ。市庁舎前を走る市庁舎通り(Rathausstraβe)は、1951年までは国王通り(Königsstraβe)と呼ばれた。この通りは、アレクサンダー広場から市役所の前を通ってベルリン宮殿へと続く、ベルリンのメインストリートだった。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ベルリン市庁舎の関連キーワード橋口譲二ダーレム美術館ハートフィールドメーリング形而上学(アリストテレスの著述)ショーレム土田ヒロミベルリン大学ペルガモン美術館レンガー・パッチュ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android