コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリン市庁舎 ベルリンしちょうしゃ

1件 の用語解説(ベルリン市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルリンしちょうしゃ【ベルリン市庁舎】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の中心部にある、高さ74mの中央の塔(鐘楼(しょうろう))を中央に、左右対称の赤いレンガと花崗岩(かこうがん)、砂岩でできた建物。鐘楼には、1950年にアメリカの市民から平和のシンボルとして贈られた自由の鐘(Liberty Bell)の複製があり、毎日正午に鐘を鳴らす。1861~1869年にかけて建設されたものだが、市庁舎建設にあたって国際コンペが実施され、ヴェーゼマン(Hermann Friedrich Waesemann)の設計案が採用された。◇その赤いレンガの外観から「赤の市庁舎」(Rotes Rathaus、ロテスラタス)と呼ばれる。戦後の東ドイツ時代には東ベルリン市庁舎だったが、東西統一後、ベルリン市庁舎となった。この場所には14世紀から市庁舎が建っていたが、火災により3度焼失し、現在の市庁舎はこの場所のものとしては5代目である。市庁舎前広場のネプチューンの噴水は、かつてのベルリン王宮前にあったものが移設されたものである。この広場では毎年12月に、にぎやかなクリスマス市が立つ。市庁舎前を走る市庁舎通り(Rathausstraβe)は、1951年までは国王通り(Königsstraβe)と呼ばれた。この通りは、アレクサンダー広場から市役所の前を通ってベルリン宮殿へと続く、ベルリンのメインストリートだった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルリン市庁舎の関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ウンターデンリンデン通りベルリン大聖堂ベルリン・ゲームベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone