ベン ジョンソン(英語表記)Ben Johnson

20世紀西洋人名事典の解説


1918.6.13.(19、20.説、22.10.8.説あり) -
米国の俳優
オクラホマ州ポウフスカ生まれ。
父はカウボーイで、馬の調教係、スタントマンを経て、1948年「アパッチ砦」でヘンリー・フォンダに認められ、「黄色いリボン」(’49年)、「幌馬車」(’50年)などで好演、西部育ちらしい純朴さと鮮やかな騎乗ぶりで注目される。その後、20年間無名時代を送った後、’71年の「ラスト・ショー」でアカデミー助演男優賞、ニューヨーク評論家協会賞、イギリス・アカデミー賞を受賞し、フロンティア精神の具現者として脚光を浴びる。作品はほかに「ハリー奪還」(’87年)などで、’40年にはキャロル・リンと結婚。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1573年6月11日
イギリスの劇作家,詩人,批評家
1637年没
生年月日:1961年12月30日
カナダの元・陸上選手(短距離)

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベン ジョンソンの関連情報