コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンガルール Bengaluru

デジタル大辞泉の解説

ベンガルール(Bengaluru)

インド南部、カルナータカ州の都市。同州の州都デカン高原の標高約920メートルに位置する。17世紀にマイソール藩王国の都となり、19世紀に英国の直接支配により、軍事・行政の拠点が置かれた。その影響が都市整備などに残り、「インドの庭園都市」ともよばれる。20世紀に同国有数の工業都市になり、近年はIT産業の中心地として知られる。人口、都市圏430万(2001)。旧称バンガロール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ベンガルールの関連キーワードインフォシステクノロジーズティプースルターン宮殿ラールバーグ植物園ベンガルール宮殿ナンディーヒルズバンガロール宮殿ビダーナサウダカボン公園ブル寺院ウィプロコラール

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベンガルールの関連情報