ベンユーセフマドラサ

デジタル大辞泉の解説

ベンユーセフ‐マドラサ

Medersa Ben Youssef》モロッコ中部の都市マラケシュの旧市街中央にあるイスラム教の神学校。マラケシュ博物館、ベンユーセフモスクのそばに位置する。16世紀、サアード朝のアブダラ=アル=ガリブにより創設。中央に水盤を配した中庭があり、周囲の回廊には漆喰(しっくい)と木彫による繊細な装飾が施されている。マグレブ地方のイスラム建築の傑作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android