コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム建築 イスラムけんちくIslamic architecture

1件 の用語解説(イスラム建築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラム建築
イスラムけんちく
Islamic architecture

イスラム教を信奉する諸民族の建築。狭義にはモスク(地域によってマスジド,あるいはジャーミとも呼ばれる),学院(マドラサメドレセ),道場(ザーウィヤハーンカー,タキエ),聖廟(アラムガー,ダルガー),墓廟(クッバ,ゴンバッド,チュルベ)などの宗教的施設としての建築をさすが,広義には住居,宮殿,城郭をはじめ,市場(スークバザール),隊商宿であるキャラバンサライ(ハーン,ラバト,フンドゥーク),浴場(ハンマーム)などのような世俗的施設としての建築をも含めていう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のイスラム建築の言及

【イスラム美術】より

… イスラム初期のアラブは独自の建築様式をもたず,征服地の文化,すなわちペルシア,ビザンティン,西ゴートなどイスラムに先立つ文化の伝統を借用し,これを修正し,修飾を付加しつつ独自の様式を確立していった。イスラム建築の大きな特色は,それが構造から離れた表面装飾に傾斜していることである。建物の構造の一部は,しばしば装飾単位に変形して壁面を覆い隠す。…

【インド美術】より

…とくに初期のものはインド的な要素が濃く,デリーのクトゥブ・モスク(1192‐98創建)はアラビア風の配置になりイラン建築の影響も見られるが,ヒンドゥー教寺院の石材を転用しインド式のアーチ工法を採用している。イスラム建築には会堂すなわちモスク(マスジド)や廟墓(マクバラー)のほかに,城砦(キラー)や宮殿(マハル)もある。それらは大きなドームとアーチを多用し均斉のとれた構成になり,16世紀のムガル朝の出現とともにその様式の完成をみた。…

※「イスラム建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イスラム建築の関連情報