コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユダヤ哲学 ユダヤてつがくJewish philosophy

2件 の用語解説(ユダヤ哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユダヤ哲学
ユダヤてつがく
Jewish philosophy

世界各地のユダヤ人によって行われる哲学活動の総称。前2世紀のヘレニズム世界における離散したユダヤ人 (ディアスポラ) の思想活動を出発点とする。最初のユダヤ人哲学者として,新プラトン派の影響下にモーセ五書の解釈を行なったアレクサンドリアフィロンが知られているが,一般にユダヤ哲学といった場合,おもに中世イスラム圏でイスラム哲学の影響下に起った宗教的哲学的傾向をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユダヤてつがく【ユダヤ哲学】

ユダヤ人はギリシア人のように厳密な意味における〈哲学〉の観念をもっていない。もちろん聖書には神,自然,人間などについて彼らの哲学的関心を示す多くの思想が見いだされる。しかし,彼らの究極的目的は,これらの諸概念を知的対象として究明することではなく,むしろそこに啓示された〈モーセ律法〉を絶対的なものとして受け取り,それをいかにして完全に実現するかという信仰的実践の問題にあったことは言うまでもない。 ユダヤ人が最初に哲学に対する関心を示したのは,異質的な外来思想と接触し,彼らの伝統的な教えとの矛盾を感じ,それについて懐疑し始めたときからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユダヤ哲学の関連情報