コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベート事件 ベートじけんBate's(Bates') Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベート事件
ベートじけん
Bate's(Bates') Case

1606年イギリスで起った裁判事件。レバント地方の貿易商人ジョン・ベート (ベーツ) が輸入した干しぶどうに対し,国王ジェームズ1世は1ポンドあたり5シリング6ペンスの税を要求,これを不満とするベートは,法定の輸入税 (1ポンドあたり2シリング6ペンス) 以外は不法課税であるとして支払いを拒否した。国王はベートを財務府裁判所に訴え,結局国王が勝訴したが,この事件は,議会の承認を経ない国王の課税権は合法か違法かという論争を生んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベート事件の関連キーワードコーク(Sir Edward Coke)ボロトニコフの乱クアケルナックバリニャーノリバデネイラ徳川忠長クックにせドミトリー1世フォークスワシーリー・シュイスキー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android