コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペシュ・メルル Pech‐Merle

世界大百科事典 第2版の解説

ペシュ・メルル【Pech‐Merle】

フランス南西部,ロー県カブルレCabrerets村にある旧石器時代の洞窟壁画遺跡。ペク・メルルともいう。1922年に土地の少年によって発見された。延長2kmの長大な洞窟で,複雑なプラン(平面)をもつ。ペリゴール期とマドレーヌ期のビゾン,馬,牛,マンモス手形,斑点,人物など,多くの形象があらわされている。〈主室〉にはしりを向けあった2頭の馬が線描と平塗りを併用して描かれているが,これらの馬と関連する三つの陰型の手形は,当該動物をとらえるという呪術的意味を有する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ペシュ・メルルの関連キーワードペク・メルル原始美術洞窟絵画洞窟画

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android