王座(読み)おうざ

精選版 日本国語大辞典「王座」の解説

おう‐ざ ワウ‥【王座】

〘名〙
① 王のすわる座席。帝王としての地位。王位
※測量船(1930)〈三好達治〉獅子「彼れ、獅子(しし)は見た、〈略〉コンクリートの王座の上に腕を組む鉄柵(てっさく)のこの空間、彼の楚囚の王国を」
② 第一人者の地位。第一位。首位。
※藤十郎の恋(1919)〈菊池寛〉二「動き易い都の人心は、十年讚嘆し続けた藤十郎の王座から、ともすれば離れ始めさうな気勢を示した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「王座」の解説

おう‐ざ〔ワウ‐〕【王座】

王の座る席。王の地位。王位。「王座に就く」
第一人者としての地位。首位の座。「業界の王座を占める」「王座決定戦」
囲碁・将棋で、タイトルの一。王座戦の勝者がタイトルの保持者となる。
[類語]王位皇位帝位

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android