コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペペライト peperite

岩石学辞典の解説

ペペライト

マグマが水を含んだ堆積物のなかに貫入して急冷し分解したことで形成された凝灰岩または角礫岩である.ガラス質の火成岩の岩片,通常は玄武岩質の組成,が存在し,堆積岩物質の破片も伴っている[Cordier : 1816].水分の多い地層中に貫入したマグマから生じた貫入岩に伴うものといわれる.石灰岩,層灰岩,珪藻土などの基地の中に多数の玄武岩質ガラスの小岩片をもつ角礫岩をいう[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ペペライトの関連キーワードペペライト質角礫岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android