ペペライト(英語表記)peperite

岩石学辞典の解説

ペペライト

マグマが水を含んだ堆積物のなかに貫入して急冷し分解したことで形成された凝灰岩または角礫岩である.ガラス質の火成岩の岩片,通常は玄武岩質の組成,が存在し,堆積岩物質の破片も伴っている[Cordier : 1816].水分の多い地層中に貫入したマグマから生じた貫入岩に伴うものといわれる.石灰岩,層灰岩,珪藻土などの基地の中に多数の玄武岩質ガラスの小岩片をもつ角礫岩をいう[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android