コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリーム島 ペリームとうPerim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペリーム島
ペリームとう
Perim

アラビア語ではバリーム島 Barīm。紅海アデン湾を結ぶバーブエルマンデブ海峡にあり,イエメンの領土岩石の多い火山性の島で,アラビア半島南西端沖に位置し,面積 13km2。高いところでも 65mにすぎない。南西海岸には港,北部に飛行場がある。 1513年ポルトガル人が来航,1738年フランス人によって占領された。 99年イギリス人が上陸したが,水の欠乏のためにまもなく放棄された。しかし 1857年イギリス人が再来し,給炭港を設置したため,人口は増大したが,1936年にそれが放棄されて再び寂れた。 67年イエメン民主人民共和国の独立でその領土となり,90年以降イエメン領。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ペリーム島の関連キーワードアラビア語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android