コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルオキソホウ酸(ペルオキソ硼酸) ペルオキソほうさん perboric acid

1件 の用語解説(ペルオキソホウ酸(ペルオキソ硼酸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペルオキソほうさん【ペルオキソホウ酸(ペルオキソ硼酸) perboric acid】

ホウ酸のホウ素と結合している酸素原子の代りにペルオキソO22-が配位した型の化合物の総称。過ホウ酸と誤称されることもある。遊離酸は得られていないが,アルカリ金属塩がいくつか知られている。代表的なものはNa[(HOO)B(OH)3]・2H2Oで,ホウ酸と過酸化ナトリウムとの反応,またはホウ酸ナトリウム溶液の電解酸化で合成される。これはNaBO3・4H2Oのように書かれることもある。脱水すると順に,NaBO3・3H2O,NaBO3・H2Oの組成となり,高温では分解して無水メタホウ酸ナトリウムNaBO2と変化してペルオキソ酸塩ではなくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペルオキソホウ酸(ペルオキソ硼酸)の関連キーワード原子価酸素酸不斉炭素原子飽和化合物エーテル結合オルトホウ酸脱酸素複合タンパク質ホウ素欠乏マルコフニコフの法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone