コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱色 ダッショク

デジタル大辞泉の解説

だっ‐しょく【脱色】

[名](スル)本来含んでいる色や染め色をぬきとること。「髪の毛を脱色する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だっしょく【脱色 decolorisation】

化学製品の精製工程,天然繊維や合成繊維の漂白工程,染色物の脱色加工工程,あるいは食品の製造工程などで有色物を除去することにより商品価値を向上させる必要がしばしばある。また家庭においても衣料品の汗や汚れで着色した汚点を除きたいことがある。このような望ましくない有色物を除去する操作を一般に脱色という。脱色には,有色物を吸着して除去する物理的な方法と,化学的に変化させて除去あるいは無色化する化学的方法がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だっしょく【脱色】

( 名 ) スル
色を抜き去ること。色抜き。 「一度-した布地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱色
だっしょく
decolorization

着色液の色を除く処理をいう。油脂の脱色精製は、活性白土(フーラー土、酸性白土のような含水ケイ酸アルミニウムを主成分とする天然漂白土などを硫酸などで処理して活性化したもの)、活性炭(値段が高く単独では使用されない)のような優れた吸着剤、あるいは酸化・還元作用を有する化学薬品により行われる。ただし化学的方法は食用油脂に適用できず、一般に工業用製品に限定される。そのほか加熱、光線、液化溶剤抽出法などがある。石油精製においても、脱色に白土が吸着剤として用いられる。活性白土は天然漂白土よりも値段が高く、また廃白土中に油を含むために油の損失が大である。しかし活性白土は、天然漂白土よりも効力が勝り、かなりの量の遊離脂肪酸を含む油脂にも十分用いうる。活性白土は約120℃で使用され、現在一般に減圧脱色が行われる。これは、脱色操作中に油脂が大気中の酸素により酸化されて変質するのを抑制するためである。[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

脱色の関連キーワード染め変え・染め替え・染変え・染替えエピラット メンズエステ過硫酸アンモニウム臭素酸カリウムヘアブリーチオキシドールブリーチンググラム染色法レサズリンヘアカラーディベール酸化漂白剤セサモリンインク消しグラム染色エピラット活性粘土サラダ油ブリーチ青花紙

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脱色の関連情報