コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルティエ効果 ペルティエコウカ

デジタル大辞泉の解説

ペルティエ‐こうか〔‐カウクワ〕【ペルティエ効果】

異種の金属の接触点に電流が流れると、接触点でジュール熱以外に熱の発生または吸収が起こる現象。電流の向きを変えると熱の発生と吸収とが逆になる。1834年フランスの物理学者ペルティエ(J.C.Peltier)が発見。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

ペルティエ効果【Peltier effect】

2種類の金属線を使って熱電対と同じようにループをつくり,一定温度に保っておいてこれに電流 I を流すと,接合部においてジュール熱以外の熱の発生や吸収が認められる.これはフランスのペルティエ(J. C. Peltier)が1834年に発見したものである.電流の方向を逆転すれば,発生は吸収に,吸収は発生に変わる.このときの熱量 Q は電流に比例し

Q=βI

となる.β はペルティエ係数と呼ばれる.ゼーベック係数*α とは次の関係で結ばれている.

β=αT

電子冷却素子などに広く活用されている.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ペルティエこうか【ペルティエ効果】

二種類の金属を接合して直流を流すと、その電流の方向によって接合点で熱の吸収あるいは発生が起こる現象。電子冷凍などに応用される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ペルティエ効果の関連キーワードケルヴィンの式(電磁気)ペルティエ素子ゼーベック係数電子冷凍熱電効果直流

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android