コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルーティエ Fernand Pelloutier

世界大百科事典 第2版の解説

ペルーティエ【Fernand Pelloutier】

1867‐1901
フランスのジャーナリスト,労働運動指導者。当初ゲード派系の社会主義者として労働組合運動に参画し,1892年に武力革命に代わる合法的な革命の手段としてゼネストの戦術を提唱した。しかしゲードの受け入れるところとはならず,論争ののちにアナーキズムの陣営に移り,この派の諸命題を援用して,労働組合運動の役割を重視する独自の社会主義思想を練り上げ,サンディカリスムの基礎を築いた。95年以降は全国労働取引所連盟書記長として各地の労働取引所の設立と機能の充実を指導して組織の拡大を図り,90年代中葉,崩壊の危機にあったフランス労働組合運動の再興と発展に寄与した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のペルーティエの言及

【サンディカリスム】より

…他方,この組織は,非議会主義的な運動形態と,連邦主義的な組織形態によってアナーキスト活動家を引きつけた。このうちF.ペルーティエは95年以降,書記長に就任,組合運動を未来社会建設の展望のうちに位置づけてサンディカリスムの思想的骨格を築くとともに,精力的に労働取引所の増加,加盟組合の増加を図ったのである。 他方,全国労働組合連盟ではゲード派の指導を嫌う活動家によって,組合運動の目標をゼネストにおく提案がなされていたが,94年,これの採決をめぐって,ゲード派が敗退するにいたった。…

※「ペルーティエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペルーティエの関連キーワードアリスタイド ブリアンブリアン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android