コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンサコラ Pensacola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンサコラ
Pensacola

アメリカ合衆国,フロリダ州北西部にある都市。メキシコ湾の北岸ペンサコラ湾北岸に位置する。地名はインディアンのペンサコラ族に由来。 1516年スペイン船が到達し,1686年入植が始った。スペイン,フランス,イギリスとしばしば領有国が変ったが,1821年アメリカ領となった。南北戦争後,林業,漁業,次いで工業が発達した。現在は,商業の中心地で,製紙,建材,化学その他各種の工場がある。海軍航空基地や西フロリダ大学 (1967創立) がある。人口5万 8165 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペンサコラ【Pensacola】

アメリカ合衆国フロリダ州北西端の港湾都市。人口5万8000(1990)。メキシコ湾の支湾ペンサコラ湾に面した天然の良港をもち,漁業が盛んであったが,メキシコ湾岸の石油を利用した合成繊維化学薬品,紙製品の工業が発達し,フロリダ州西部の工業中心地となった。合衆国海軍の航空訓練基地が置かれ,軍需産業も重要である。1559年にスペイン人が最初の定住集落を建設し,その後フランス,イギリス,スペインと所属が変わり,1821年に合衆国領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペンサコラの関連キーワードハーマン・ジュニア クックジョー ダレッサンドロメアリー マクミランアメリカ合衆国セミノール戦争ジジ グライス南極横断山地巡洋艦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android