コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーチ大聖堂 ペーチダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

ペーチ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ペーチ大聖堂】

Pécsi székesegyház》ハンガリー南西部の都市ペーチにある大聖堂。11世紀の創建。オスマン帝国軍に破壊されたが、19世紀末に現在見られるネオロマネスク様式で再建。大聖堂に隣接する初期キリスト教霊園には、4世紀頃に造られたカタコンブ(地下墓所)や礼拝堂の遺構が残っている。墓所内部の壁画はローマ以外で唯一のものであり、初期キリスト教美術の貴重な作例として知られ、2000年に「ペーチ(ソピアネ)にある初期キリスト教墓地遺跡」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ペーチ大聖堂の関連キーワードカープタラン通り東欧美術

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android