コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイベルス Heuvers, Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイベルス
Heuvers, Hermann

[生]1890. ウェストファーレン,ドライエルワルデ
[没]1977.6.9. 東京
ドイツ人のカトリック司祭。 1909年イエズス会に入会,オランダで修学ののち,1914~16年インドのボンベイで働き,1920年司祭に叙階。 1923年来日,上智大学で教え,1937~41年同学学長を務めた。第2次世界大戦後は東京・麹町の聖イグナチオ教会の主任司祭 (1947~66) として多くの人々を指導,純一な人格によって大きな感化を及ぼした。豊かな詩情と文学的才能の持ち主で,宗教的主題を扱った歌劇,戯曲,詩,新作能など多数の作品をつくった。おもな著書に『人生の秋に』 (1969) ,『人生賛歌』 (1971) ,『ホイベルス神父説教集』 (1973) ,『戯曲選集』 (1973) などがあり,『細川ガラシャ夫人』は 1965年 11月歌舞伎座で上演された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホイベルスの関連キーワード社会民主党(ドイツ)ドイツ映画ビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話山県有朋ロサンゼルス・ドジャース

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android