コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオジロザメ Carcharodon carcharias

世界大百科事典 第2版の解説

ホオジロザメ【Carcharodon carcharias】

ネズミザメ目ネズミザメ科の海産魚(イラスト)。ホホジロザメともいう。とくにほおが白いわけではなく,名まえの由来は不明。英名は一般に体色に基づいてwhite shark,great white shark,white pointer,人を襲うことがあるのでman‐eater shark(人喰いザメ),white death(死をもたらす白いサメ)などという。全世界の熱帯から温帯にかけて分布するが,やや冷海を好む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオジロザメ

ホホジロザメ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホオジロザメ
ほおじろざめ / 頬白鮫
man eater sharkwhite death
[学]Carcharodon carcharias

軟骨魚綱サメ目ネズミザメ科に属する海水魚。世界の熱帯から温帯の海域に分布する。一般に外洋性といわれているが、沿岸にも近づき、瀬戸内海の定置網に入り込んだこともある。尾びれが三日月形であること、上顎歯(じょうがくし)が幅広い三角形でその縁が鋸歯(きょし)状であることなどが特徴。もっとも凶暴な「人食いザメ」の一種で、遊泳者のほかに舟を襲うこともある。生殖の方法は卵胎生または胎生と考えられるが、詳しくは不明である。通常は全長4、5メートルくらいであるが、8メートルになるものもいるらしい。練り製品の原料などになる。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホオジロザメの言及

【人喰いザメ(人喰い鮫)】より

…英語ではサメによる攻撃をshark attackといい,人を襲うサメをattacker sharkという。ときにはman eater(人喰い),man eating shark(人喰いザメ)というが,この名称はホオジロザメの別名ともなっている。日本ではとくにホオジロザメには限定しない。…

※「ホオジロザメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホオジロザメの関連キーワードアンダーウォーターワールド人喰いザメ(人喰い鮫)グレッグ ノーマンカルカロドン人食いザメ軟骨魚類天狗の爪胎生魚

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホオジロザメの関連情報