コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホザキノナナカマド(穂咲七竈) ホザキノナナカマドSorbaria sorbifolia var. stellipila

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホザキノナナカマド(穂咲七竈)
ホザキノナナカマド
Sorbaria sorbifolia var. stellipila

バラ科の落葉低木。ユーラシア大陸の冷温帯に広い分布をもち,日本では北海道に多く,本州中北部の温帯林内にややまれに生える。高さ数mに達する。葉は8~11の小葉から成る羽状複葉で,ナナカマドに似ている。小葉は披針形で重鋸歯があり,下面と若枝に星状毛がある。夏に,多数の白色または淡紅色の小花を穂状に咲かせる。萼,花弁とも5枚,おしべは多数あって花弁よりも長い。果実は乾いた 蒴果で裂開し,中に多数の種子がある。寒冷地では観賞用に栽植し,生け花にも用いる。葉の形がナナカマドに似ているが,果実はナナカマドのような核果ではなく,別の亜科とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android