コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシオス・ルカス修道院聖堂 ホシオス・ルカスしゅうどういんせいどうMonastery church of Hosios Lukas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホシオス・ルカス修道院聖堂
ホシオス・ルカスしゅうどういんせいどう
Monastery church of Hosios Lukas

ギリシアのデルフォイ付近にある 11世紀前半のビザンチン様式の修道院聖堂。ロマヌス2世 (在位 959~963) により創建され,聖ルカに捧げられた (1050頃) 。ギリシア十字式聖堂の身廊部の中央にドームをかけた特徴のある構造で,内部のコムネノス王朝の絢爛たるモザイク装飾で知られている。また外壁にも豊かな装飾が施されている。同時代に建てられたダフニ修道院聖堂ネアモニ修道院聖堂とともに,1990年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホシオス・ルカス修道院聖堂の関連キーワードビザンチン美術ロマヌスギリシア

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android