コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシオス・ルカス修道院聖堂 ホシオス・ルカスしゅうどういんせいどうMonastery church of Hosios Lukas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホシオス・ルカス修道院聖堂
ホシオス・ルカスしゅうどういんせいどう
Monastery church of Hosios Lukas

ギリシアのデルフォイ付近にある 11世紀前半のビザンチン様式の修道院聖堂。ロマヌス2世 (在位 959~963) により創建され,聖ルカに捧げられた (1050頃) 。ギリシア十字式聖堂の身廊部の中央にドームをかけた特徴のある構造で,内部のコムネノス王朝の絢爛たるモザイク装飾で知られている。また外壁にも豊かな装飾が施されている。同時代に建てられたダフニ修道院聖堂ネアモニ修道院聖堂とともに,1990年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホシオス・ルカス修道院聖堂の関連キーワードビザンチン美術ロマヌスギリシア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android