コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスゲンガス中毒 ほすげんがすちゅうどく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホスゲンガス中毒
ほすげんがすちゅうどく

ホスゲンの吸入によるガス中毒をいう。ホスゲンは無色の青草のような臭気をもつガスで、第一次世界大戦中に毒ガスとして使用されたが、現在では合成染料の原料や医薬品の製造、塩素置換剤、可塑剤などに用いられている。毒性は強いが、目、鼻、のどへの刺激が少ないため、ガスの吸入に気づかず、肺胞内で加水分解されて塩酸を生ずることによって肺胞上皮や毛細血管が侵害され、数時間後に急激に呼吸困難、遅脈、体温降下、循環障害などの症状が現れ、肺水腫(すいしゅ)や心臓衰弱などによって死亡する。労働衛生上の許容濃度は0.1ppmである。[重田定義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android