コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットスポット玄武岩 ホットスポットげんぶがん hot spot basalt

1件 の用語解説(ホットスポット玄武岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ホットスポット玄武岩

ホット・スポットに産出する玄武岩の総称.プレート内玄武岩海洋島玄武岩などとほぼ同意義.主にソレアイト・アルカリ玄武岩,霞岩などからなる岩石である.中央海嶺玄武岩島弧玄武岩に比べると,HFS元素に富み,同位体組成やLIL元素,揮発性元素海嶺玄武岩と島弧玄武岩の中間的な組成をもつことが多い.始原的なマントルに由来する成分をもつことが考えられ,沈み込みスラブに由来する成分を含む場合がることも推定されている.プレート内玄武岩(intraplate basalt),海洋島玄武岩(oceanic island basalt)などはほぼ同様のものである[地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホットスポット玄武岩の関連キーワードスポットニュース無線LANホットスポットWi-Fiホットスポットホット・スポット海洋島玄武岩火山弧玄武岩クリープ玄武岩島弧玄武岩プレート内部玄武岩アル玄武岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone