コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットスポット玄武岩 ホットスポットげんぶがんhot spot basalt

1件 の用語解説(ホットスポット玄武岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ホットスポット玄武岩

ホット・スポットに産出する玄武岩の総称.プレート内玄武岩海洋島玄武岩などとほぼ同意義.主にソレアイト・アルカリ玄武岩,霞岩などからなる岩石である.中央海嶺玄武岩島弧玄武岩に比べると,HFS元素に富み,同位体組成やLIL元素,揮発性元素海嶺玄武岩と島弧玄武岩の中間的な組成をもつことが多い.始原的なマントルに由来する成分をもつことが考えられ,沈み込みスラブに由来する成分を含む場合がることも推定されている.プレート内玄武岩(intraplate basalt),海洋島玄武岩(oceanic island basalt)などはほぼ同様のものである[地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone