ホバネス(英語表記)Alan Hovhaness

世界大百科事典 第2版の解説

ホバネス【Alan Hovhaness】

1911‐2000
アメリカの作曲家。父はアルメニア人,母はスコットランド人。ニューイングランド音楽院で学び,1942年にはバークシャー音楽センターでB.マルティヌーに作曲を学ぶ。ロチェスター大学イーストマン音楽学校(1956‐57)などで教える。60年よりインド,日本,韓国,ソ連などに旅行し,アルメニアやアジアの民族音楽の音組織や楽器を素材とする多くの作品を書いている。作品には25の交響曲(1937‐73),オペラ《エチミアジン》(1946),数多くのコラールなどの宗教曲のほか,管弦楽のための《世阿弥による瞑想Meditation on Zeami》《浮世Ukiyo》(ともに1964),同《そして神は大いなる鯨をつくりたもうたAnd God created great whales》(鯨の声のテープを含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホバネス

アメリカの作曲家。マサチューセッツ州アルメニア系の父親とスコットランド系の母親の間に生れる。本名アラン・バネス・チャクマクジアン。ニューイングランド音楽院卒業。自らのルーツであるアルメニア,さらには日本やインドなどの伝統音楽を研究し,それらに素材を採った独自の音楽を創造した。代表作として交響曲《神秘の山》《エチミアジン》,管弦楽曲《世阿弥の瞑想》《浮世》《そして神は大いなる鯨を創りたもうた》などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android