コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホマルス Franciscus Gomarus

2件 の用語解説(ホマルスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホマルス【Franciscus Gomarus】

1563‐1641
オランダの神学者。ゴマルスともいう。ブリュージュ生れ。オックスフォードケンブリッジハイデルベルクに学び,1594年ライデン大学教授に就任。1603年アルミニウスが同大学教授として赴任すると,やがて両者間にカルバンの預定説をめぐる論争が起こり,アルミニウスがあくまで人間の自由意志を強調するのに対し,ホマルスは預定説の厳格な解釈を主張した。1609年アルミニウスの没後,その後任にいっそう強硬な論敵が選ばれたことに抗議して教授を辞任,11年ミッデルブルフの牧師,18年フローニンゲン大学教授に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホマルス
ホマルス

ゴマルス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホマルスの関連キーワードオランダ通詞オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ海芋オランダ芥子オランダ坂オランダ渡りダッチオランダの罠オランダの犯罪

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone