コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホメオパシーの原理 homeopathy's principle

法則の辞典の解説

ホメオパシーの原理【homeopathy's principle】

類症の法則*とも呼ばれる.健康な人体に投与するとある作用を引き起こす物質は,少量ならば同じ症状をもつ患者の治療に対しても有効であるはずだという主張.これは16世紀のパラケルススによって唱えられたものであり,それなりの由来をもっている.「毒も使いようによっては薬となる」という東洋医学の教えの孫引きかもしれないともいわれている.

ただし,現在欧米などで行われている「ホメオパシー治療」のほとんどは,10-30 倍希釈(!!)などという途方もない希薄な水溶液を使い,「水分子が記憶を保持している」などと主張しているので,化学的(科学的)根拠はきわめて脆弱である.プラセボ効果*のほうが大きいとも考えられている.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ホメオパシーの原理の関連キーワードプラセボ効果類症の法則水溶液

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android