コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルス神殿 ホルスシンデン

デジタル大辞泉の解説

ホルス‐しんでん【ホルス神殿】

Temple of Horus》エジプト、ナイル川中流西岸の町エドフにある神殿。古代エジプトの鷹(たか)の姿をした太陽・天空の神ホルスを祭る。現在見られる建物はプトレマイオス朝時代に建造。高さ36メートルの巨大な塔門をもつ。外壁な内部にはホルスを描いた浮き彫りが多数残っている。同国で最も保存状態のよい遺跡の一つとして有名。エドフ神殿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ホルス神殿の関連キーワードプトレマイオスエジプト建築