コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルトフレーター Holtfreter, Johannes Friedrich Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルトフレーター
Holtfreter, Johannes Friedrich Karl

[生]1901.1.9. ドイツ,リヒテンベルク
[没]1992.11.13. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ロチェスター
ドイツ生まれのアメリカ合衆国の生物学者。ロストク,ライプチヒ,フライブルクの各大学に学び,ハンス・シュペーマンに師事。カイザー・ウィルヘルム研究所所員(1928),ミュンヘン大学教授(1933)などを経て,1948年以降はアメリカのロチェスター大学教授。1953年市民権を得る。形成体の誘導作用について研究。胚の原口背唇部以外の部分も,さらに成体の組織でさえ,誘導能を示す場合のあることを発見(1933,1934)。これは形成体の作用が物質を通じて行なわれ,この誘導物質がさまざまな組織に潜在する可能性を示唆するものであり,誘導物質の探求に対する関心の高まりを促すこととなった。このほか,細胞同士の親和性について研究し,形態形成においてそれが果たす役割を明らかにした(1956)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホルトフレーターの関連キーワードアメリカ合衆国フライブルク実験発生学ライプチヒロストク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android