ホルミル基(読み)ほるみるき(英語表記)formyl group

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルミル基
ほるみるき
formyl group

-CHOの化学式で表される1価の原子団をいう。アシル基の1種で、カルボニル基=Oに水素原子が結合した形の基である(図A)。ギ酸formic acid(HCOOH)からヒドロキシ基(OH)を除いた構造のアシル基であるので、ホルミル基formylと命名されている。ホルミル基CHOが炭素原子または水素原子に結合している化合物はアルデヒドであるので、この基をアルデヒド基とよぶこともある。
 ホルミル基がアンモニアやアミンの窒素原子と結合すると、ホルムアミドHCONR2になる。ホルムアミドではホルミル基が窒素原子Nと結合しているので、N-ホルミル化合物ともよばれる。アルコールやフェノールの酸素原子Oとホルミル基が結合するとできるのがギ酸エステルHCOORで、O-ホルミル化合物とよぶことができる(図B)。
 化合物の命名に基名「ホルミル」を使う場合には基本骨格名の前につけ(例、ホルミルベンゼン)、「アルデヒド」を使う場合には骨格名の後につける(例、ベンズアルデヒド)。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android