ホログラフィック原理(読み)ホログラフィックゲンリ

デジタル大辞泉の解説

ホログラフィック‐げんり【ホログラフィック原理】

超弦理論の分野で提唱された、ある次元の物理過程は、一つ小さい次元における物理過程で説明できるという仮説。もとは三次元の立体像を二次元の干渉縞として記録する光学技術ホログラフィーから借用した語であり、両者の物理的対象は異なる。ブラックホールエントロピーは、量子論的効果を踏まえると、領域の体積ではなく事象の地平線の面積に比例するという理論があり、この考え方を推し進めた結果、d次元の物理過程をd-1次元の境界面で定義された別の物理法則で記述できるという同原理が導かれた。ホログラフィー原理宇宙のホログラフィック原理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホログラフィック原理の関連情報