コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンシャン(恒山)山脈 ホンシャンさんみゃくHeng shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンシャン(恒山)山脈
ホンシャンさんみゃく
Heng shan

中国中部,シャンシー (山西) 省北東部にある北東から南西方向の山脈。長さは約 150km。主峰はマントウ (饅頭) 山で,標高 2399m。北東部のホン (恒) 山は標高 2052mであるが,中国五岳の一つとして知られる。北にはサンカン (桑乾) 河の流域であるタートン (大同) 盆地が広がり,南は平行するウータイシャン (五台山) 山脈との間をフートー河が流れる。北方の内モンゴル (蒙古) 高原と南のタイユワン (太原) 盆地をへだてており,北斉の代に山腹に万里の長城が築かれた。山麓は黄土層が厚く,段畑でハダカエンバク,コーリャン,アワ,ソバなどが栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホンシャン(恒山)山脈の関連キーワードイエンペイ(雁北)地区ファンシー(繁峙)県ホン(恒)山

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android