コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホークスムア Hawksmoor, Nicholas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホークスムア
Hawksmoor, Nicholas

[生]1661頃. イーストドレートン
[没]1736.3.25. ロンドン
イギリスの建築家。クリストファー・レンに師事。イギリスのバロック建築において最も独創的な建築家の一人。ジョン・バンブラハワード館ブレニム宮殿の造営に協力。その他の作品にロンドン東部のライムハウスにあるセント・アン聖堂(1714~24),スピタルフィールズのクライスト・チャーチ(1714~29),ウェストミンスター寺院の西塔(1734~45)などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホークスムア【Nicholas Hawksmoor】

1661‐1736
イギリス・バロックの建築家。ノッティンガムシャーに生まれる。C.レン助手を務め,レンの没後はバンブラーの助手としてブレニム宮殿,カスル・ハワードの建築を行う。自己の作品にはカスル・ハワードの霊廟(1736),ロンドンのブルームズベリーのセント・ジョージ教会(1730),ウェストミンスター・アベーの西正面の塔の部分(1734)などがある。特異な比例感覚の作品を残したことで,その意義を見直されつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のホークスムアの言及

【オックスフォード大学】より

J.ギブズによるラドクリフ図書館(1739)は,十六角形平面に円堂を重ねた古典様式の建物。クイーンズ学寮の玄関門(1738)は,N.ホークスムアの作で,吹放しドームを戴き,後期ルネサンスの傑作とされる。創設時のアシュモリアン博物館はウッドThomas Woodの設計だが,現在の建物はC.R.コッカレルによって新古典主義様式で完成された(1845)。…

※「ホークスムア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホークスムアの関連キーワードウェストミンスター・アベーピーター アクロイドイギリス建築グリニッジアーチャー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android