コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホータン国 ホータンこくKhōtan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホータン国
ホータンこく
Khōtan

中国文献で和 闐Ho-t'ienまたは于 闐Yü-t'ienとして記されている西域南道の中央部にあった国。ホータン川上流のユルンカシュ (白玉) 川とカラカシュ (黒玉) 川流域の一大オアシスで,現在のホータン (和田) 県一帯。古くからインドやチベットとの関係が深く,多くの呼称がある。また軟玉の特産地として東西交易に占めた地位は現在まで変らない。元来インド・アーリア系の独特の文化が栄え,のち仏教の一拠点としても独特の文化,社会が築かれた。 10世紀後半カラハン朝の勢力が波及するにいたってトルコ・イスラム化が進みはじめ,マルコ・ポーロによると,13世紀にはイスラム教徒ばかりだったという。 18世紀後半に清朝に組込まれるまでは,タリム盆地東部とは別の政治体制下に入ることが多かった。絹織物,綿布の名産地としても有名であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホータン国の関連キーワードヤールカンド(葉爾羌)県ホータン(和田)市ホータン遺跡ホータン語

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android