コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホールズクリーク ホールズクリークHall's Creek

2件 の用語解説(ホールズクリークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホールズクリーク
ホールズクリーク
Hall's Creek

オーストラリア,ウェスタンオーストラリア州北東部,ウィンダムの南 374kmにある集落。同州最初の金鉱発見地 (1855) で,ゴールドラッシュとなったが数年後には衰微。現在はキンバリー高原東部の牧畜とウィンダム-ブルーム間の幹線道路の中継機能に依存。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホールズ‐クリーク(Halls Creek)

オーストラリア、西オーストラリア州北部の町。1885年、同州で初めて金が発見され、キンバリー地方のゴールドラッシュ先駆けとなった。付近に中国の万里の長城を思わせる自然の石壁チャイナウォールや、直径875メートルの隕石衝突跡ウォルフクリーククレーターがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone