コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホールズクリーク Hall's Creek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホールズクリーク
Hall's Creek

オーストラリア,ウェスタンオーストラリア州北東部,ウィンダムの南 374kmにある集落。同州最初の金鉱発見地 (1855) で,ゴールドラッシュとなったが数年後には衰微。現在はキンバリー高原東部の牧畜とウィンダム-ブルーム間の幹線道路の中継機能に依存。 100km南に世界第2の隕石孔がある。人口 3032 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホールズ‐クリーク(Halls Creek)

オーストラリア、西オーストラリア州北部の町。1885年、同州で初めて金が発見され、キンバリー地方のゴールドラッシュの先駆けとなった。付近に中国の万里の長城を思わせる自然の石壁チャイナウォールや、直径875メートルの隕石衝突跡ウォルフクリーククレーターがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ホールズクリークの関連キーワードキンバリー地方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android