ボイド(英語表記)void

翻訳|void

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイド
void

宇宙の中で,銀河がほとんど存在しない,直径約 1億光年ほどの空洞。宇宙の大規模構造ネットワーク)をつくる銀河の集合である超銀河団は,ボイドを取り巻くようにして連なっている。ボイドの中になにか存在するのかについては,まだよくわかっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボイド(void)

無効にすること。取り消すこと。
[補説]パスポートの更新では、古いものにVOID印が押されることもある。
建築で、何もない空間。吹き抜きなど。→吹き抜き2
宇宙空間で銀河がほとんど存在しない領域。1億光年以上のスケールをもつ。宇宙の中で銀河は一様に分布せず、宇宙の大規模構造とよばれる巨大な泡状の構造が見られ、その泡の内部に相当する。また、泡の膜面に相当する部分はグレートウォールとよばれ、多数の銀河が壁状に分布する。宇宙空洞超空洞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボイドの言及

【天文学】より

…これによると,物質と反物質量の非対称性や宇宙黒体放射のきわめてよい等方性などの起源が議論できることになった。
[銀河物理学]
 銀河は銀河団,超銀河団に多く集中し,これらはボイドと呼ばれる銀河の少ない泡と泡の間に網目状に存在している。銀河の形成は集団にしろ単体にしろもとになる宇宙初期の密度ゆらぎが1/100程度以上あって動的に凝縮する必要があるが,そのゆらぎをつくる原因については乱流説,ブラックホール説などあるがまだ定説はない。…

※「ボイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボイドの関連情報