コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)抜き/吹き貫 フキヌキ

デジタル大辞泉の解説

ふき‐ぬき【吹(き)抜き/吹き貫】

風が吹き抜けること。また、その場所。ふきぬけ。
家屋の柱の間に壁がなく、風が自由に通る構造。また、建物の内部で、天井がなく、上下階を貫いてひと続きにしてある構造。吹き放し。ふきぬけ。
吹き流し1
肌着なしに、どてらや着物を着ること。
「―で堀へ来られた義理でなし」〈柳多留・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

吹(き)抜き/吹き貫の関連キーワードマナー・ハウス桝床の席高倉馬印鐘楼

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android