コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウコウマメ(膀胱豆) ボウコウマメcommon bladder senna

世界大百科事典 第2版の解説

ボウコウマメ【ボウコウマメ(膀胱豆) common bladder senna】

膨らんだ袋状の果実をつけるマメ科落葉樹で,地中海地方西部と小アジア地方に自生する。高さ4mに達する。葉は羽状複葉で,互生し,長さ6~15cm。小葉は奇数個で7~11枚,倒卵形,ふつう長さ3cm,幅1.5cmくらい,葉の表は無毛。6~8月に3~6花が穂に集まって咲く。花序は長さ4~5cm。花は黄色で,長さ約2cm,旗弁には赤褐色の脈が目だつ。果実は長さ約5cm,幅2~3cm,果皮膜質で無毛,熟すと黄褐色となり,中に小型の種子が10数個ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android