ボゴリア湖(読み)ボゴリアコ

デジタル大辞泉の解説

ボゴリア‐こ【ボゴリア湖】

Lake Bogoria》ケニア中西部、大地溝帯にある強アルカリ塩湖。バリンゴ湖の南に位置する。間欠泉が多くみられる。フラミンゴの群棲地であり、1973年に国立保護区に指定。地殻変動による独特な自然景観と鳥類の多様性で知られ、2011年にナクル湖エルメンテイタ湖および周辺地域が「大地溝帯のケニア湖水システム」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボゴリア湖の関連情報