コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河跡湖 カセキコ

デジタル大辞泉の解説

かせき‐こ【河跡湖】

蛇行の著しい河川で、河道の変化により一部が取り残されて湖沼となったもの。三日月形をしたものは三日月湖ともよばれ、日本では石狩川下流などにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

河跡湖【かせきこ】

河道の変化により旧河道の一部が取り残され湖沼となったもの。三日月湖はその代表例で,蛇行(だこう)する河岸に多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かせきこ【河跡湖】

河川の流路変更によって放棄された旧河道の一部に湛水して生じた湖を河跡湖という。流路変更の原因としては,(1)曲流河川において蛇行河道の湾曲が大きくなり,上流側と下流側が次第に接近して河道が直線状につながる場合,(2)洪水の際に河川が氾濫し,新たな流路をとる場合,(3)人工的な捷水路や放水路の建設に伴って,従来の河道が放棄される場合などがある。 特に,曲流河川の蛇行切断(斬首)によって生じた半環状の三日月湖oxbow lake(牛角湖ともいう)は河跡湖の代表的なもので,これは,捷水路の建設によっても生じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かせきこ【河跡湖】

河川の流路が変わり、もとの河川が三日月状に取り残されてできた湖。三日月湖または牛角湖とも呼ばれる。石狩川下流域に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河跡湖
かせきこ

河川の旧流路に生じた湖沼。この種の湖の典型的なものとしては三日月(みかづき)湖があげられる。成因は、よく発達した沖積平野を流れる河川の蛇行が進行し、曲流した河道が洪水時の短絡と埋積作用などによって取り残されたことによる。アメリカのミシシッピ川や北海道の石狩川など大河川が流れる沖積平野にこの種の湖が多い。また、利根(とね)川中流部にみられる落堀(おっぽり)とよばれる池は、洪水時の洗削と堆積(たいせき)による窪地(くぼち)であり、アメリカ、ワシントン州グランド・クーリー付近のフォルス湖は、コロンビア川の旧河道の滝壺(たきつぼ)が流路変遷で湖として残ったもので、河跡湖の一種である。[中尾欣四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

河跡湖の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地利尻礼文サロベツ国立公園サプキョ(挿橋)川北海道岩見沢市スンダルバンウカヤリ川福島盆地沖積平野下北山村秋田平野野守の池雄物川肝属川宮島沼侵食

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android