ボスマン(読み)ぼすまん(英語表記)Herman Charles Bosman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボスマン
ぼすまん
Herman Charles Bosman
(1905―1951)

南アフリカ共和国の短編作家。アフリカーナー。ウィツウォターズランド大学卒業後、マリコ地方の農学校教師になる。この不毛の僻地(へきち)でブーア人開拓民たちから聞いた開拓にまつわる炉辺談話――カフィール戦争やブーア戦争のこと、開拓地で咲いたロマンスと友情あふれる小咄(こばなし)など、勇気ある開拓者たちのエピソードを素材に、アフリカーナーの理想像ともいうべき人物ロレンスを主人公とする短編小説(英語)に仕立てあげた。作品に『塵土(じんど)と化す』『マフェキング・ロード』『ジャカランダの咲く夜』などがある。[土屋 哲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android