ボスマン(読み)ぼすまん(英語表記)Herman Charles Bosman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボスマン
ぼすまん
Herman Charles Bosman
(1905―1951)

南アフリカ共和国の短編作家。アフリカーナー。ウィツウォターズランド大学卒業後、マリコ地方の農学校教師になる。この不毛の僻地(へきち)でブーア人開拓民たちから聞いた開拓にまつわる炉辺談話――カフィール戦争やブーア戦争のこと、開拓地で咲いたロマンスと友情あふれる小咄(こばなし)など、勇気ある開拓者たちのエピソードを素材に、アフリカーナーの理想像ともいうべき人物ロレンスを主人公とする短編小説(英語)に仕立てあげた。作品に『塵土(じんど)と化す』『マフェキング・ロード』『ジャカランダの咲く夜』などがある。[土屋 哲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android