コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炉辺談話 ろへんだんわfireside chat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炉辺談話
ろへんだんわ
fireside chat

アメリカの F.ルーズベルト大統領が国民へ直接語りかけたラジオ番組。ルーズベルトが不況克服のためにニューディールを国民に約束して大統領に当選し,就任した 1933年,彼が初めてラジオの普及を利用して,暖かみのある声と力強い語調で聴衆を魅了し,世論を喚起したことに始る。それ以来,大統領の「炉辺談話の時間」は有名になった。 40年 12月に日本,ドイツ,イタリアの枢軸国に対抗して,アメリカがいわゆる「民主主義の兵器廠」となると語ったのもこの炉辺談話である。政治学的にみれば,ラジオというマス・メディアを使用しての世論操作といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろへんだんわ【炉辺談話 Fireside Chat】

アメリカ合衆国のF.D.ローズベルト大統領が1930年代にニューディール政策の実施にあたり,世論の支持を得るために全国的なラジオ放送網を通して行った政策説明。大統領就任8日後の1933年3月12日に初めて行われた。国民が〈炉辺fireside〉で直接大統領の談話を聞けるように意図したもので,ローズベルトの重要な政治手段の新機軸の一つであり,彼のよく響く声と雄弁の才がものをいって,世論操作の点できわめて効果的であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろへんだんわ【炉辺談話】

アメリカの大統領 F =ルーズベルトが行なったラジオ放送。国民が大統領の政策について親しく聞けるように意図したもの。
囲炉裏のそばでくつろいでするような種々雑多な話。夜話。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の炉辺談話の言及

【演説】より

…ヒトラーの場合のように,演説が感情に訴える度合いを強め,理性の意識的な遮断や鈍化に向かうと,それは扇動に転化する。一方,ラジオやテレビなどマス・メディアの発達は,多人数を相手とする熱弁とは異なる演説を生みだしており(1930年代にF.D.ローズベルトがラジオで放送した座談形式の炉辺談話はその先駆),民衆の親しみやすさが重視される。政談演説【妹尾 幹】【編集部】。…

※「炉辺談話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

炉辺談話の関連キーワードルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt)アメリカ合衆国フランクリンボスマン兵器廠囲炉裏選挙夜話

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android