塵土(読み)ジンド

デジタル大辞泉の解説

じん‐ど〔ヂン‐〕【×塵土】

ちりと土。取るに足りないもの、値うちのないもののたとえにもいう。
「―聚れば、これも堆くなるで御座ろう」〈菊池寛蘭学事始
けがれた現世。俗世間。
「かかる道の果て、―の境まで神霊あらたにましますこそ」〈奥の細道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんど【塵土】

ちりと土。
けがれた俗世間。穢土えど
とるにたりないもの。価値のないもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐ど ヂン‥【塵土】

〘名〙 (「じんと」とも)
ちりと土。ちりや土ぼこり。
今昔(1120頃か)一「身を養ふと云とも、又无常に帰なば土と成りなむずる身也」 〔朱熹‐秋夕詩〕
② (塵はものに付着して汚すところから) 煩悩にけがれた俗世間。けがれた現世。この世。
※玉塵抄(1563)三七「天帝からつみに行て下界の塵土えをい下された人ぢゃと云たぞ」 〔姚合‐送崔約下第帰揚州詩〕
国土
俳諧・奥の細道(1693‐94頃)塩釜「かかる道の果塵土の境まで、神霊あらたにましますこそ」
④ 価値のないもののたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android