コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナルド Louis‐Gabriel‐Ambroise de Bonald

世界大百科事典 第2版の解説

ボナルド【Louis‐Gabriel‐Ambroise de Bonald】

1754‐1840
南フランス,ミロ市の貴族出身の政治家,思想家。ミロ市長や県会議員を務めたが,〈聖職者基本法〉に反対して県会議員を辞任,1791年ハイデルベルクに亡命した。この地で代表作《文明社会における政治的宗教的権力論》3巻(1796)を執筆した。彼はJ.M.deメーストルと共に神政論の代表的論客で,宗教と権威の絶対性を主張し,伝統の擁護,革命原理とルソーの社会契約説の排撃に熱中した。97年に帰国,第一帝政期にシャトーブリアンと共に《メルキュール・ド・フランス》誌などを主宰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボナルドの関連キーワード10月12日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボナルドの関連情報