コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナルド Louis‐Gabriel‐Ambroise de Bonald

1件 の用語解説(ボナルドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボナルド【Louis‐Gabriel‐Ambroise de Bonald】

1754‐1840
フランス,ミロ市の貴族出身の政治家,思想家。ミロ市長や県会議員を務めたが,〈聖職者基本法〉に反対して県会議員を辞任,1791年ハイデルベルクに亡命した。この地で代表作《文明社会における政治的宗教的権力論》3巻(1796)を執筆した。彼はJ.M.deメーストルと共に神政論の代表的論客で,宗教と権威の絶対性を主張し,伝統の擁護,革命原理とルソー社会契約説の排撃に熱中した。97年に帰国,第一帝政期にシャトーブリアンと共に《メルキュール・ド・フランス》誌などを主宰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボナルドの関連キーワードオック語フレンチミロのビーナスフランス窓フランソワミロン試薬フランス刺繍フランスソワールマンデスフランス南ふらの

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボナルドの関連情報