コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボノンチーニ ボノンチーニ Bononcini, Giovanni Battista

2件 の用語解説(ボノンチーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボノンチーニ
ボノンチーニ
Bononcini, Giovanni Battista

[生]1670.7.18. モデナ
[没]1747.7.9. ウィーン
イタリアの作曲家。音楽家の家系に生れ,チェロを学び,1687年ボローニャのサン・ペトロニオ聖堂のチェリスト,同年サン・ジョバンニ聖堂の楽長。 91~98年ローマに住み,オペラ『セルセ』で作曲家として認められ,99~1711年ウィーンでオペラ作曲に専念したが,20年イギリス王立音楽アカデミーの監督としてロンドンに招かれ,ヘンデルとオペラの優位を争う論争を起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボノンチーニ【Giovanni Bononcini】

1670‐1747
バロック期イタリアの音楽家。父ジョバンニ・マリアGiovanni Maria B.(1642‐78)は器楽作品や対位法教科書《熟練した音楽家》(1673)によって知られた音楽家であった。父に音楽の手ほどきを受け,チェロ奏者,作曲家となり,ボローニャやローマで活動。やがてナポリ派オペラの大家としてヨーロッパ各地で活躍した。ロンドン時代(1720‐32)にはヘンデルのライバルとして,イタリア・オペラの人気を競い合った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボノンチーニの関連キーワード合同モデナリー群エヌ手も足も出ない鼻血も出ないラウスモデル線形群Diaz de la Peña,N.トマソ・ダ・モデナ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone