コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボフラン Germain Boffrand

2件 の用語解説(ボフランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボフラン【Germain Boffrand】

1667‐1754
フランスの建築家。ナントに生まれ,パリの建築アカデミーで学ぶ。J.H.マンサールに師事し,1709年建築アカデミー会員となった。18世紀前半のパリにアムロAmelotの邸館(1712‐14)に代表される数々の作品を残し,とりわけロココ的な意匠をこらした室内意匠は群を抜いている。他方,1708年にロレーヌ公国の首席建築家に任命され,リュネビルLunévilleの城館(1702‐06)をはじめとする城館建築をいくつか手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボフラン
ぼふらん
Gabriel-Germain Boffrand
(1667―1754)

フランス・ロココ様式を代表する建築家。ナント生まれ。初めジラルドンについて彫刻家として修業するが、まもなく建築に転向してアルドゥアン・マンサールに師事し、その協力者となった。1709年、建築アカデミー会員。彼は実に多くの作品を残したが、力量をよく発揮した代表作はパリのオテル・アムロ(1710)で、卵形の中庭を囲んで建てられ、各部屋の形状・寸法はそれぞれ異なるものである。外観はこの建築家固有の簡潔なデザインであるが、内部はきわめて豪華である。彼のもっとも洗練された屋内デザインはオテル・ド・スービーズ(現国立公文書館)の増築部分にみられる。『建築書』(1745)に彼の主要作品などがまとめられている。パリに没。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボフランの関連キーワードマンサード屋根ルドゥーヌーベルフランス革命広場フランスソワールUIAル・コルビュジェサルダ長郷泰輔ボワンビル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボフランの関連情報