コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボフラン Germain Boffrand

2件 の用語解説(ボフランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボフラン【Germain Boffrand】

1667‐1754
フランスの建築家。ナントに生まれ,パリの建築アカデミーで学ぶ。J.H.マンサールに師事し,1709年建築アカデミー会員となった。18世紀前半のパリにアムロAmelotの邸館(1712‐14)に代表される数々の作品を残し,とりわけロココ的な意匠をこらした室内意匠は群を抜いている。他方,1708年にロレーヌ公国の首席建築家に任命され,リュネビルLunévilleの城館(1702‐06)をはじめとする城館建築をいくつか手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボフラン
ぼふらん
Gabriel-Germain Boffrand
(1667―1754)

フランス・ロココ様式を代表する建築家。ナント生まれ。初めジラルドンについて彫刻家として修業するが、まもなく建築に転向してアルドゥアン・マンサールに師事し、その協力者となった。1709年、建築アカデミー会員。彼は実に多くの作品を残したが、力量をよく発揮した代表作はパリのオテル・アムロ(1710)で、卵形の中庭を囲んで建てられ、各部屋の形状・寸法はそれぞれ異なるものである。外観はこの建築家固有の簡潔なデザインであるが、内部はきわめて豪華である。彼のもっとも洗練された屋内デザインはオテル・ド・スービーズ(現国立公文書館)の増築部分にみられる。『建築書』(1745)に彼の主要作品などがまとめられている。パリに没。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボフランの関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門浅野長矩江島其磧失楽園奈良利寿ブレダベルヌーイ間部詮房童話集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボフランの関連情報